【トリッカーズ カントリーブーツ⇒サルトレカミエSR100】  

ジョセフ・トリッカーが1829年にイギリスノーザンプトンに創立した英国を誇るシューメーカー。
英国王室で「ルームシューズ」が評価され、その後「英国王室御用達」に指定されました。
自らを「ハンドメイドベンチメイドシューメーカー」と称し、基本的な手作りをベースに今も製造をしています。

今更説明は不要?かもしれませんが、「トリッカーズ」は大人気のシューズブランドですよね。
その中でも「カントリーブーツ」をこよなく愛する方も多いのでは?

あの独特な丸みの有るデザインや強靭さ!確かに魅力的な靴です♪

そんなトリッカーズですが人によっては「手入れもしないでガンガン履いてクタクタにするのが良いんだぜー」
とおっしゃる方も何名かお会いしましたが・・・それもそれですが・・・うーん・・・やっぱり勿体ない!

ちゃんとシューケアしてシュートリーを入れて履いてあげれば、こんな素敵に育ちます!

トリッカーズ1


この「トリッカーズ カントリーブーツ」はR&Dスタッフが11年前に購入した靴です。
いかがですか?ボロボロの「カントリーブーツ」よりも良くないですか?


お手入れの仕方はR&Dホームページでチェックしてみて下さい。さてさて、そんな「トリッカーズ カントリーブーツ」に合わせるシュートリーですが!!

またまた登場!「サルトレカミエ SR100シリーズです」
ツインチューブ(2本のバネ)がグッドイヤーのソールをしっかりと戻して木型も抜群!
トリッカーズ2


皆様の大切なトリッカーズはしっかりとお手入れしてあげれば10年、20年は当たり前!
一生の相棒になってくれる靴です♪


マイスターフェイスブックもご覧下さい♪

H?KATSUKAWA FROM TOKYO×サルトレカミエSR300シリーズ

「H?katsukawa from tokyo」とは勝川永一氏がプロデュースする本格靴です。
勝川氏はグッドイヤー製法を主としたメーカー勤務後に渡英し、イギリス ノーザンプトンに有る
「トレシャムインスティテュート フットウェアコース」にて靴デザインや製法を学ぶ。

卒業後、イギリス ブライトン「ポールハーデン氏」にインターントを師事。
2004年に帰国後、日本国内のリペア工房に勤務しながら靴作りを継続。
「H?katsukawa from tokyo」を設立。

と言った、靴の聖地「イギリス ノーザンプトン」でのノウハウを把握した本格靴です。

先日お正月休み中に外出していたら、たまたま勝川氏に電車の中でバッタリお会いしまして
今回のブログは勝川さんの靴に決めました♪

さてさてそんな「H?katukawa from tokyo」に
「サルトレカミエ」シュートリーを合わせてみました
katukawa
20130105_094032.jpg

今回オススメするタイプは
「サルトレカミエ SR300シリーズ」です。
ネジ式とボリューム感の有るアッパー部分がポッテリシルエットが特徴の勝川氏の靴にピッタリでした。
SR300

勝川さん!今後も独創的な靴作りに期待してますね♪



工房フェイスブック始めました
プロフィール

th

Author:th
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR